テレビアンテナは適切なものを選んで電気工事業者に依頼しよう

様々な電気工事業者の中から自分に合う業者を選ぶ

電気工事を依頼する前にテレビアンテナについて知ろう

テレビアンテナにはいくつか種類があります。住んでいる住宅に合うテレビアンテナを選ぶ必要があります。快適なテレビ視聴などの要望に見合ったものを設置工事してもらうためにも、アンテナの特徴について知っておくと良いでしょう。

アンテナの種類

八木式アンテナ
八木式アンテナとは、骨のような形が特徴のアンテナです。この骨のような形に「素子」という部分があり、それが電波を調整して受け取っています。この素子は、向きや本数を調整することで遠い距離からの電波を受信することが出来ます。
ボックスアンテナ
ボックスアンテナは、設置が簡単でメンテナンスも楽なのが特徴です。電波環境によっては、ボックスアンテナを取り付けても電波環境が改善されない場合もあるので、購入する際には販売先のスタッフに相談して決めることをおすすめします。
デザインアンテナ
デザインアンテナは、アンテナの常識を覆すような薄さとデザイン性の高さが特徴です。さらに色まで選べるため、住宅の見た目にこだわりたい人におすすめです。価格は従来のものと比べて高めで、強風に弱いこともあり、ベランダや外壁に取り付ける必要があります。

電波の受信状況を確認

アンテナ

アンテナを設置する前には、住んでいる場所の電波受信状況を調べる必要があります。電波受信状況が悪い場合には、通常のテレビアンテナの工事をするだけでは失敗してしまいます。そんな時には電気工事業者に、電波をより集めるためのブースターなどの取り付けも依頼しましょう。

電波が弱いときにはブースター

電波が弱いと思ったら、テレビアンテナを発信所に向けてみましょう。それでも改善されない場合には、ブースターという装置を置くことで電波受信を増幅させて問題を解決することが出来ます。電気工事業者に相談して、ブースターの設置が必要になるか確認しましょう。

TOPボタン