テレビアンテナ工事は電気工事業者に任せよう~失敗と危険~

様々な電気工事業者の中から自分に合う業者を選ぶ

DIYでアンテナ工事は失敗する可能性大!

テレビアンテナの購入と電気工事業者に設置を依頼すると、安くはない金額が発生してしまいます。そのため、少しでも費用を抑えるためにDIYでテレビアンテナの取り付けを行う人もいます。しかし、DIYでの取り付けは、失敗してしまう可能性が高くなります。

考えられるトラブル

屋根に傷をつける
自分でテレビアンテナを取り付けるには、屋根の上に登って作業する必要があります。屋根に上ったときに、屋根が劣化していると、瓦やストレートが割れたりずれたりすることがあります。そのようなことが起きると、屋根から雨漏りが起き被害が大きくなってしまいます。
落下する恐れがある
素人が屋根に上るのは大変危険です。本人に自信があっても勾配のある屋根の上での作業は、足を滑らせてしまい落下する可能性があります。素人の作業では、安全確保をしっかりとすることが出来ないため、屋根の上でのテレビアンテナ取り付けの作業は止めましょう。
重労働になる
テレビアンテナを自分で取り付けるには、かなりの重労働になります。台風に直面しても倒れないように丈夫な土台を作りワイヤーを使用して設置しなければなりません。一人での作業はとても困難があります。数人で行っても素人の作業では時間と労働力がかかります。

設置するなら電気工事業者へ

方角を確認する業者

テレビアンテナを自分で設置するには知識や技術力、転落の危険、屋根の破損など様々な問題があります。その中でも屋根の上での作業中に、歩行者がいる場所に道具が落ちると怪我をさせてしまう危険もあります。このような問題を避けるためにも電気工事業者に工事を依頼しましょう。

業者を利用した人の感想

業者に依頼したので数時間で工事が終わりました。(30代/男性)

引っ越し先にテレビアンテナの取り付けが必要になりました。テレビを見ることが多い家族なので、電波状況の確認から電気工事までを信頼出来る業者に依頼しました。細かい部分まで要望を伝えたけど、丁寧に早い作業で工事を進めてくれました。

周辺環境が変わったのでテレビアンテナの工事をしました。(40代/女性)

田舎に住んでいたので、テレビの電波を遮るようなものはなく、快適にテレビを見ていましたが、周囲の環境が変わり、いろんな建物が出来て電波環境も変わりました。改善のために電気工事を決めました。業者に依頼すると丁寧に対応してもらえたので良かったです。

TOPボタン